野良にて

nora2013.exblog.jp
ブログトップ

井戸掘り

昨年の猛暑では水遣りが大変でした。
近くの用水路からタンクへ汲み上げては運ぶという作業は休日にしかできません。
普段は朝ペットボトルや小さなタンクに水を汲んでおき、仕事帰りに水遣りの毎日でした。
畑に水源が欲しくて欲しくて、やっと井戸を掘り始めました。
 
畑は川が近いため、4メートルほど掘れば水が出るとの情報を元に掘っていきました。

f0257108_13381739.jpg

パイプの先に小さいスコップのようなものを取り付け、土を崩します。

f0257108_14163735.jpg

そして太目のパイプで土を掻き出します。


簡単に掘れるかなと思いきや2メートルほど掘っていくと砂や石の層になり、周りが崩れてきて
上手く掘れません。
昔、川が幾度となく氾濫したり、川の流れが変わってきた証でしょうか?

壁にぶち当たりました。
穴を大きく掘って中に入って掘っても同じことで、どうしていいかわからず。。。

しかし救いの手が。
近くで井戸を掘った方にどうしたらいいか相談し、翌日難なく解決。
金物のパイプを打ち込むことに。
打ち抜き井戸から打ち込み井戸へ変更です。

そしてパイプを打ち込むとすぐに水が出ました。
拍子抜けするくらい ^^;

地盤整備をする前は、泉があちこちで湧き出ていたところのようなので、水脈が浅い所にあったんですね。
[PR]
# by noyamabito | 2013-03-06 13:38 | 作業

自給自足へ

2012年1月に300㎡の畑を義父から譲り受け、本腰を入れて家庭菜園を始めました。

無農薬栽培は野菜作りを始めた時から実践していましたが、今までの栽培方法でいいのかなとずっと考えていました。
以前は義母の畑を間借りしていたのですが、どんなに有機肥料を入れて耕しても乾いてくるとがちがちになってしまう土。。。
どうすればやわらかな作物の育ち易い土になっていくんだろう?
いろいろ勉強していくうちに草生栽培、不耕起栽培がいいのかなと思うようになってきました。
山の木々は肥料をもらっったり、耕してもらったりして大きくなっているのではない。
落ち葉や下草の枯れたのものや根などが自然に肥料となり、大きくなっているのです。

そこである方をお手本に自然栽培で作物を作ってくことに決めました。
そして1年間野菜を作ってきて、うまくいったもの失敗したものいろいろでしたがなんとかやってきました。

上手くいくと欲が出てきます。
野菜だけでは物足りず、主食となる穀物も自給したいなんて思ったりして ^^;
300㎡では、はっきりいって足りません。
誰か貸してくれないかな~と思って、ちょっと義兄に相談してみるととんとん拍子に2反の畑を借りられることに!
言ってみるもんですね♪

10月に借りて、畝を作り、早速11月には念願だった小麦を播きました。

パン用のユメカオリとうどん用のユメセイキ。
1月にはダイコンとニンジンの種も播きました。
今月はハウスの中で春野菜を育苗中です。
これから温床作りにもチャレンジして、夏の果菜の育苗もやってみようと思います。
昨年の露地(4月になってから)での育苗は上手くいきました。
今年は温床が上手く作れれば1ヶ月以上早く育苗できることになります。
早く作らなくちゃ~と気ばかりあせる。。。
[PR]
# by noyamabito | 2013-02-16 14:28